1. TOP
  2. 代筆サービスご紹介
  3. 弔辞スピーチ原稿

弔辞スピーチ原稿Eulogies

大切な人の訃報はとても辛くて悲しいことです。しかしながら、葬儀で弔辞やお悔みの挨拶を託されることは、ご本人だけでなく遺族の方からの信頼の証とも言えるでしょう。
生前の良い思い出や故人のエピソードを語りかけ、悲しみに暮れる会場の方たちと故人との思い出を共有することは大変重要なことと言えます。

葬儀の弔辞は神聖な儀式と捉え、言葉選びを大切にしましょう

葬儀の弔辞は神聖な儀式と捉え、言葉選びを大切にしましょう

おめでたい結婚式と違って、弔辞は大切な人が亡くなった際にお伝えするお悔みの言葉ですので、悲しみの中で読み上げなくてはなりません。
特に大切な人の訃報を聞いたばかりでは、弔辞を書くのは辛いとおっしゃる方も多いのです。そんな時は、無理をせずに代筆サービスをご利用頂いてはいかがでしょうか。
故人の業績や人柄を讃えることはもちろん、遺族や参列者への慰めの言葉も忘れてはなりません。
あなたの言葉で大切な方を送り出してあげましょう。

弔辞の一般的な構成とは?

①初めの言葉
②故人との関係やエピソード
③遺族へのお悔やみの言葉
④結び

サンプル

❶友人の場合

 

〇〇さん、あなたの霊前でこうしてお別れの言葉を述べなくてはいけないとはまったく信じられない気持ちでいっぱいです。
なぜ、こんなにも急いで逝ってしまったのでしょうか。親よりも先なんて親不孝ですし、私自身も本当に悲しい気持ちでいっぱいです。
私と〇〇さんが初めてあったのは、△△高校の入学式でした。まだ、真新しい制服に身を包んだ私たちは希望に満ち溢れていまし

❷後輩より上司への場合

 

謹んで、部長〇〇様のご霊前に哀悼の意を表します。
〇月〇日〇時〇分に心不全のため急逝されたと奥様よりご連絡を頂き、突然の訃報に哀惜の極みでございます。
〇〇部長は仕事に対して厳しい反面、私ども後輩・部下のためにさりげない気遣いを見せて下さる方でした。私が新規プロジェクトを任された際も温かい言葉を掛けて下さったことを今も覚えております。

❸恩師の場合

 

〇〇先生、久しぶりにお会い出来るのがこの場になったことをお詫びいたします。
また、ご生前のお教えに対し改めてお礼を申し上げます。
前回の同窓会でお目にかかった際、お元気でいらっしゃいましたので同窓生一同安心しておりました。
それが突然のご訃報に驚くと共に悲しみで胸が張り裂ける思いです。

❹部下の場合

 

〇〇さん、謹んでお別れの言葉を述べさせて頂きます。
〇〇さん、君にこのようにお別れの挨拶をすることになるとは、夢にも思っていませんでした。
不慮の事故により、〇月〇日に突然に逝去された〇〇君。君がいなくなってから社内は悲しみに包まれています。
いつも明るく誰からも好かれていた〇〇君の笑顔が今でも鮮明に蘇ります。

料金:10,000(税別)
お申し込みはこちらをクリック

PAGE TOP